【天文学】夜空に「土星そっくりな月」が出現!なぜ月に輪っかが?

1: 2020/08/12(水) 10:01:51.00 _USER

→中央アメリカ北部のグアテマラで、リングを持つ土星のような月が撮影される
→日の出の直前に撮影されたもので、太陽光により月の下側が三日月になっている
→前景の雲は地球上にあるもの

夜空に煌々と光る、ある天体。

土星のような輪っかがあるように見えますが、実はこれ、中央アメリカ・グアテマラで撮影された月の写真なんです。

撮影者で写真家のフランシスコ・ソジュエルさんは、同国の小さな町サンティアゴ・アティトラン在住で、そこから10キロほど離れたアカテナンゴ火山のベースキャンプで撮影したそうです。

月の前を横切る細長い雲が、まるで土星のリングのように見えますね。しかし、なぜこのような不思議な姿が撮影されたでしょうか?

■どうしてこう見えるの?

写真が撮影されたのは、日の出の直前です。

そのため、地平線の下側から登り始める太陽の光が当たって、月の下側だけが直接照らされ、三日月になっています。

それ以外の部分も丸く見えるのは、「地球照」によるものです。

地球照は、地球で反射した太陽光が月を照らすことで生じます。地球照は、基本的に淡い光なので明るい場所では月が見えにくいのですが、空気が澄んでいて周辺が暗い場所なら明瞭に見えることがあります。

この時のグアテマラの夜空は、地球照に輝く月を見るのには好条件でした。

月には大気や雲がないため、アルベド(入射光に対する反射光の比率)は低く、わずか7%ほどです。

対する地球は、大気や雲が豊富で、面積も大きいため、アルベドは37%まで達します。なので、いくら満月が明るいと言っても、月から見える満地球は、満月の70倍も明るいのです。

そのため、地球照だけでも、月はこれだけ明るく見ることができます。

それから、月の手前に写っているのは地球上の雲で、これも位置やタイミングが抜群だったことで、土星のリングそっくりになりました。

これには撮影者のソジュエルさんも「今まで撮影してきたものの中で最も美しい写真の一枚」と話します。

https://nazology.net/archives/55048

 

31: 2020/08/13(木) 23:21:29.07
>>1
なんだよ、雲がそう見えてるだけじゃないか。

 

4: 2020/08/12(水) 10:07:23.86
ついにヤツが現れるのか…

 

5: 2020/08/12(水) 10:08:43.62
幻魔大戦

 

6: 2020/08/12(水) 10:08:53.63
これは面白いな
現実は人間の空想を超える

 

7: 2020/08/12(水) 10:31:14.94
地球照?露出時間の問題でなくて?

 

8: 2020/08/12(水) 10:45:15.75
わっかんねぇ

 

9: 2020/08/12(水) 11:03:31.17
そんなびっくりする画像では無かった

 

10: 2020/08/12(水) 11:08:06.07
地球照見てみたい。

 

13: 2020/08/12(水) 11:36:26.18
雲にしか見えないが?

 

14: 2020/08/12(水) 12:12:01.30
雲だろ
下にも似たような雲あるし

 

20: 2020/08/12(水) 18:09:07.19
うお、なんかカッコいい

 

24: 2020/08/13(木) 08:13:29.65
土屋そっくりな月 だと思った。

 

26: 2020/08/13(木) 09:23:14.02
土星の200倍の輪を持つ系外惑星思い出した
土星以外でも立派な輪っかを持つ惑星
あるんだな~と思った

 

32: 2020/08/13(木) 23:25:43.30
月が三つに分かれて見える日本のやつも面白い
まあ大気差がげいいん(なぜかry)らしいけど

 

35: 2020/08/14(金) 19:11:18.52
輪に見えるのは単なる雲だから一言だけ言及して
あとは違う話かよ

 

21: 2020/08/12(水) 18:32:04.30
残念雲だった

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1597194111/

メールアドレスが公開されることはありません。

関連まとめ

科学の関連記事

  • 【気候変動】「北極海は死につつある」 史上最大の北極調査団、1年超ぶりに帰還 ドイツ

    【気候変動】「北極海は死につつある」 史上最大の北極調査団、1年超ぶりに帰還 ドイツ

  • 【ロシア】カムチャツカ半島周辺海域に生息する海洋生物の95%が死ぬ・・・有毒物質流出か?

    【ロシア】カムチャツカ半島周辺海域に生息する海洋生物の95%が死ぬ・・・有毒物質流出か?

  • 【量子コンピュータ】米国のIonQが史上最強の量子コンピュータを開発したと発表、IBMの量子ボリュームの記録を2桁も上回ると主張

    【量子コンピュータ】米国のIonQが史上最強の量子コンピュータを開発したと発表、IBMの量子ボリュームの記録を2桁も上回ると主張

  • 【宇宙】火星の地下に複数の湖が存在か、幅20キロに広がる毒性の水

    【宇宙】火星の地下に複数の湖が存在か、幅20キロに広がる毒性の水

宇宙の関連記事

  • 【宇宙】火星の地下に複数の湖が存在か、幅20キロに広がる毒性の水

    【宇宙】火星の地下に複数の湖が存在か、幅20キロに広がる毒性の水

  • 【宇宙】宇宙には「ダイヤモンドの惑星」がたくさんある…最新の研究で明らかに

    【宇宙】宇宙には「ダイヤモンドの惑星」がたくさんある…最新の研究で明らかに

  • 【宇宙】巨大銀河団に多数の高密度ダークマター、宇宙論揺るがす報告

    【宇宙】巨大銀河団に多数の高密度ダークマター、宇宙論揺るがす報告

  • 【宇宙】宇宙が終わる前、死にゆく星は最後の花火を打ち上げる、最新研究

    【宇宙】宇宙が終わる前、死にゆく星は最後の花火を打ち上げる、最新研究